Global Site

論文一覧

  • 2014年度 論文

    1. C Yoshikawa, F Takano, K Koike, et al:Effect of Porcine Placental Extract on Collagen Production in Human Skin Fibroblasts In Vitro.(ヒト皮膚線維芽細胞のコラーゲン産生に対するブタ胎盤抽出物の効果〔 In Vitro 〕).
    :Gynecology & Obstetrics, 3(6), 1-4, 2013
    2. V Llorca, T Lloret, J Ballesteros:Dermatological Diseases and Human Placental Extracts. Psoriasis Case Study in Europe. (皮膚疾患とヒト胎盤抽出物.ヨーロッパにおける乾癬症例).
    :Approaches To Aging Control, 17, 91-97, 2013
    3. 中山 伸朗:C型慢性肝炎に対するIFN治療の副作用対策.
    :Modern Physician, 34(4),429,2014
    4. 新藤 隆行:今プラセンタ製剤を再考するー慢性肝障害疾患における新しい治療効果ー.
    :第119回日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集, p69, 2014
    5. Y Hamada:New Era of Regulating Congenital Iron and Copper Metabolism Disorder by Laennec® (Hepcidin-containing Biological Drug Derived from Human-Placenta) ; Background/Purpose. ( ヘプシジンを含むヒト胎盤を原料とした生物由来製剤ラエンネックによって先天的な鉄および銅代謝異常を調整する新しい時代 背景/目的 ).
    :アジア太平洋肝臓学会議 ( APASL ), 2014
    6. Y Hamada:Laennec® Derived from Human-Placenta Improves NASH and Chronic Hepatitis Type C through Normalizing Iron Metabolism by the Action of Hepcidin – 2nd Report; Background/Aims.( ヒト胎盤に由来するラエンネックはヘプシジンの作用によって鉄代謝を正常化し、それによりNASHとC型慢性肝炎を改善する‐2次報告の背景/目的 ).
    :アジア太平洋肝臓学会議 ( APASL ), 2014
    7. ① 吉田 淑子:プラセンタ( 胎盤および胎盤周囲組織 )はアンチエイジングにも再生医療にも有効. 第14回日本抗加齢医学会総会 シンポジウム28, 2014
    ② 柴原 直利:プラセンタの伝統医学的効能. 第14回日本抗加齢医学会総会 シンポジウム28-1, 2014
    ③ 吉田 淑子:羊膜(プランセンタ)は生活習慣病、アンチエイジングに有効!. 第14回日本抗加齢医学会総会 シンポジウム28-2, 2014
    ④ 岡部 素典, 吉田 淑子, 小池 千加, ほか: 羊膜を利用した再生医療はここまで進んでいる. 第14回日本抗加齢医学会総会 シンポジウム28-3, 2014
    ⑤ 日比野 佐和子:再生医療の観点から考えたプラセンタ医療. 第14回日本抗加齢医学会総会 シンポジウム28-4, 2014
    8. 日比野 佐和子:日本におけるアンチエイジング診療の最前線( 点滴療法、遺伝子検査から再生医療まで ).
    :第14回日本抗加齢医学会総会 How to Session 1, 2014
    9. 上田 一得, 川合 智行, 総山 翔子, ほか: 犬猫に対する胎盤抽出物プラセンタの有効性について.
    :第53回日本伝統獣医学会大会 抄録集, 35, 2014
    10. C Yoshikawa, F Takano, K Koike, et al:Efficacy of Porcine Placental Extract on Wrinkle Widths below the Eye in Climacteric Women.(ブタ胎盤抽出物の更年期女性における眼下のしわ幅に対する効果).
    :Climacteric, 17, 370-376, 2014
    11. 松岡 賢也:高齢者に多い加齢疾患とプラセンタ.
    :漢方併用療法, 通巻 第66号, 1-6, 2014
    12. A Yagi:Possible Efficacy of Aloe Vera Gel Metabolites in Long-Term Ingestion to Insulin Sensitivity. (アロエゲル代謝物質の長期的な摂取におけるインシュリン感受性に対する効果の可能性).
    :J. Gastroenterology and Hepatology Research, 3(3), 996-1005, 2014
    13. Y Yamaguchi, D Deng, Y Sato, et al:Silicate Fiber-based 3D Cell Culture System for Anticancer Drug Screening.(抗癌剤ふるい分けのためのシリカファイバーを基材とした3D細胞培養システム).
    :Anticancer Research, 33:5301-5310, 2013
    14. T Koike, K Koike, N Suzuki, et al:Efficacy of Porcine Placental Extract on Shoulder Stiffness in Climacteric and Postmenopausal Women with Hormone Therapy. (更年期および閉経後女性の肩凝りに対するホルモン療法と併用したブタ胎盤抽出物の効果).
    :Int Menopause Society, 2014
    15. K Koike, K Sugiura, N Suzuki:Efficacy of Porcine Placental Extract on Climacteric Symptoms in Peri- and Post-menopausal Women. (閉経前後の女性における更年期症状に対するブタ胎盤抽出物の効果).
    :Int Menopause Society, 2014
    16. 土田 健一, 三澤 和史, 種田 紳二ほか:ラエンネックによる糖尿病合併遺伝性ヘモクトマトーシス患者に対する鉄代謝異常の治療.
    :糖尿病, 57(3), 223, 2014

  • 2014年度 学会・セミナー等

    01. 第10回 晴れの国プラセンタ医療研究会(岡山)
    02. 第119回 日本解剖学会(栃木・自治医大)
    03. 第16回 日本臨床獣医学フォーラム 東北地区大会(仙台)
    04. 12th Anti-Aging Medicine World Congress 2014(モナコ)
    05. 14th Dubai World Dermatology and Laser Conference & Exhibition (ドバイ)
    06. Gender Aethetic Medicine Congress Asia(シンガポール)
    07. 14th World Congress on Menopause and of the International Menopause Society(カンクン)
    08. 第50回 日本肝臓学会(東京)
    09. 第8回 世界毛髪研究学会(チェジュ)
    10. 第14回 日本抗加齢医学会総会(大阪)
    11. 国際医科学研究会 第8回フォーラム(東京)
    12. 第1回 肝臓と糖尿病・代謝研究会(東京)
    13. 第四届 中日韩德整形美容国际技术交流会(大連)
    14. 第11回 晴れの国プラセンタ医療研究会(岡山)
    15. 第37回日本美容外科学会総会(東京)
    16. 更年期と加齢のヘルスケア学会(東京)
    17. 13th International Congress of Anti-Aging Medicine (セビリア)
    18. 23rd Congress of the European Academy of Dermatology and Venereology (アムステルダム)
    19. Anti-Aging Medicine European Congress 2014(パリ)
    20. 1st Aesthetic & Anti-aging Medicine World Congress – Latin America(コロンビア)
    21. 北海道小動物獣医師会年次大会2014(札幌)
    22. 第35回 動物臨床医学会記念年次大会(大阪)
    23. 第29回 日本女性医学会学術集会(東京)
    24. MEDICA 2014(デュッセルドルフ)
    25. 国際医科学研究会 第9回フォーラム(大阪)
    26. 第27回 日本動物実験代替法学会(横浜)

  • 2013年度 論文

    01. Kong M, Park SB:Effect of human placental extract on health status in elderly Koreans.(ヒト胎盤抽出物における韓国人高齢者の健康状態に対する効果)
    :Evid Based Complement Alternat Med. 1-5,2012
    02. 清水洋利、野本恵子ほか:抜歯後の歯周組織の修復に対するヒト胎盤抽出物製剤の応用.
    :日本統合医療学会誌. 5(3), 154, 2012
    03. 土佐泰祥,黒木知明ほか:虚血再灌流障害皮弁モデルを用いたプラセンタ抽出物による炎症軽減効果の実験的研究.
    :第42回創傷治癒学会 抄録集. p128, 2012
    04. 土佐泰祥,吉本信也ほか:ヒト皮膚血管内皮細胞およびヒト血管内皮細胞を用いたプラセンタ抽出物による創傷治癒機構の実験的研究.
    :第42回創傷治癒学会 抄録集. p152, 2012
    05. Park JY, Byeon JH, et al:Neuroprotective effect of human placental extract on hypoxic-ischemic brain injury in neonatal rats.(新生ラットにおける低酸素虚血性脳障害に対するヒト胎盤抽出物の神経保護効果)
    :Brain Dev. 35(1), 68-74,2013
    06. Miao Q, Liu Q, et al:Inhibitory effect of 1α,25-dihydroxyvitamin D3 on excretion of JBP485 via organic anion transporters in rats.(ラットにおける有機アニオントランスポーターを介したJBP485の排泄に対する1α-25ジヒドロキシビタミンD3の阻害効果)
    :Eur J Pharm Sci. 48(1-2), 351-359, 2013
    07. Koike K, Yamamoto Y, Suzuki N, et al:Efficacy of porcine placental extract on climacteric symptoms in peri- and postmenopausal women.(更年期前後の諸症状に対するブタ胎盤抽出物の効果)
    :Climacteric. 16, 28-35, 2013
    08. 浜田結城:ラエンネックによる鉄および銅代謝異常症の治療-hepcidin臨床応用の可能性-.
    :肝臓. 54(sup1), A309, 2013
    09. 浜田結城:C型慢性肝炎及びNASHにおける瀉血代替治療としてのラエンネックの有用性.
    :肝臓. 54(sup1), A379, 2013
    10. 小池浩司:更年期からのアンチエイジグ:HRTとプラセンタ療法を中心に.
    :日本女性医学学会雑誌. 20(3), 450-455, 2013
    11. Hamada Y:Laennec derived from human-placenta improves NASH and chronic hepatitis type C through normalizing iron metabolism by the action of hepcidin.(ヒト胎盤抽出物のラエンネックは、ヘプシジンの作用によって鉄代謝を正常化しNASHと慢性C型肝炎を改善する)
    :Hepatol Int. 7(Sup1), S72, 2013
    12. Hamada Y:Human-placenta-derived Laennec-co administered with interferon-β remarkably enhances the efficacy and attenuates the side effects of interferon through the action of hepcidin.(ヒト胎盤由来のラエンネックとインターフェロンβの併用投与は、ヘプシジンの作用を介してインターフェロンβの有用性を増強し、副作用を軽減する)
    :Hepatol Int. 7(Sup1), S356, 2013
    13. Hamada Y:A novel treatment on Wilson disease by Laennec ( hepcidin-containing biological drug derived from human-placenta) :New era of regulating iron & copper metabolism.(ヘプシジンを含有するヒト胎盤由来の生物製剤ラエンネックを用いたウィルソン病の新たな治療;鉄と銅の代謝を調節する新たな時代)
    :Hepatol Int. 7(Sup1), S108-9, 2013
    14. Hamada Y:A novel treatment of hereditary hemochromatosis with Laennec ( hepcidin-containing biological drug derived from human-placenta): New era of regulating iron metabolism.(ヘプシジンを含有するヒト胎盤由来の生物製剤ラエンネックによる遺伝性ヘモクロマトーシスの新たな治療;鉄代謝を調節する新たな時代)
    :Hepatol Int. 7(Sup1), S108, 2013
    15. 内田靖,板倉由幸ほか:サプリメントの使用により自然退縮した肝細胞癌、多発骨転移の1例.
    :第99回日本消化器病学会 中国支部例会. p57, 2013
    16. 小池浩司:更年期からのヘルスケアとプラセンタ療法.
    :Anti-aging Sci. 5(2), 120-126, 2013
    17. Xu Q, Wang C, et al:OAT1 and OAT3: Targets of drug–drug interaction between Entecavir and JBP485.(OAT1とOAT3:JBP485とエンテカビルにおける薬物相互作用のターゲット)
    :Eur J Pharm Sci. 48(4-5), 650–657, 2013
    18. 山口俊平:胎盤抽出物の効果に関する最近の研究.
    :第66回プラセンタ療法研究会. 1-10, 2013
    19. Koike K, Yamamoto Y, Suzuki N, et al:Efficacy of porcine placental extract on shoulder stiffness in climacteric women.(更年期女性の肩こりに対するブタ胎盤抽出物の効果)
    :Climacteric. 16(4), 447-52, 2013
    20. Yagi A:The therapeutic efficacy of aloe high molecular (AHM) ingredient for treatment of bedsores, glycosylated hemoglobin and hepatic fibrosis .(床ずれおよび糖化ヘモグロビン、肝線維症の治療に対するアロエベラ高分子(AHM)成分の効果)
    :The 3rd Nagasaki-Pusan Joint seminar on Aging Research. 16-17, 2013
    21. Yamaguchi Y, Deng D, Hirano E, et al:Novel in vitro screening system for anticancer drugs using silicate non woven fabrics.(ケイ酸不織布を用いた抗がん剤のin vitro新規スクリーニングシステム)
    :Annual International IEEE EMBS Conference. 35th, 2013
    22. 小林巧, 狩野洋輔ほか:高親和性の抗FITC一本鎖抗体を用いたCAR T細胞制御システムの開発.
    :日本癌免疫学会. OS6-5, 2013
    23. Yagi A:Possible prophylactic efficacy of aloe vera for γ-ray radiation-induced damages.(γ放射線誘発傷害に対するアロエベラによる予防効果の可能性)
    :J Gastroenterology and Hepatology Research. 21(9), 757-764, 2013
    24. 日比野佐和子:特集 プラセンタとがん治療 / 統合医療におけるプラセンタ療法の実際.
    :統合医療でがんに克つ. 59(5), 12-17, 2013
    25. Koike K:Healthcare from climacteric and placental supplement.(更年期以降の健康管理とプラセンタのサプリメント)
    :5th Scientific Meeting of the Asia Pacific Menopause Federation. p111, 2013
    26. 征矢野進一:フィラーによる「顔面のしわ治療」を成功させるコツ.
    :形成外科.56(増刊号), s 96- s 102, 2013

  • 2013年度 学会・セミナー等

    01. 第15回 日本臨床獣医学フォーラム 東北地区大会(仙台)
    02. 第8回 晴れの国プラセンタ医療研究会(岡山)
    03. 第12回 日本臨床獣医学フォーラム 九州地区大会(福岡)
    04. 11th Anti-Aging Medicine World Congress 2013(モナコ)
    05. Dubai World Dermatology and Laser Conference & Exhibition (ドバイ)
    06. 第27回 日本助産学会学術集会(金沢)
    07. 第66回 組織療法研究会(東京)
    08. 第49回 日本肝臓学会(東京)
    09. 第13回 日本抗加齢医学会総会(横浜)
    10. 産婦人科3区合同セミナー(東京)
    11. APASL2013(シンガポール)
    12. 国際医科学研究会 第6回フォーラム(東京)
    13. 第9回 晴れの国プラセンタ医療研究会(岡山)
    14. 第5回 アジア太平洋閉経学会(東京)
    15. Anti-Aging Medicine European Congress (パリ)
    16. 22ndCongress of the European Academy of Dermatology and Venereology (イスタンブール)
    17. Clinical Cosmetic & Reconstructive EXPO (ロンドン)
    18. 北海道小動物獣医師会年次大会(札幌)
    19. 第34回 動物臨床医学会年次大会(大阪)
    20. Cosmoprof Asia 2013(香港)
    21. MEDICA 2013(デュッセルドルフ)
    22. 国際医科学研究会 第7回フォーラム(京都)

  • 2012年度 論文

    01. Koike K,Yamamoto Y,Suzuki N,et al:Efficacy of porcine placental extracts with hormone therapy for postmenopausal women with knee pain(閉経後女性の膝痛に対するブタ・プラセンタ抽出物とホルモン補充の併用療法の有用性)
    :Climacteric 15.30-35.2012
    02. 小池 浩司:更年期からのヘルスケアと補完・代替医療:サプリメントを中心に.
    :日本女性医学学会雑誌. 19 巻(supple).60. 2011
    03. 吉川 智香子,小池 浩司,ほか:正常ヒト皮膚線維芽細胞におけるブタ由来プラセンタエキスの増殖並びにコラーゲン産生に及ぼす影響.
    :日本女性医学学会雑誌. 19 巻(supple) .121.2011
    04. 吉川 智香子,高野 文英,ほか:ブタ及びヒト・プラセンタエキスのTHP-1 細胞に対するサイトカイン産生におよぼす影響.
    :第132 回 日本薬学会年会.30P1-am134.2012
    05. 浜田 結城,山口 俊平:NASHおよびC型慢性肝炎における胎盤抽出物製剤の鉄代謝および肝障害改善効果. 肝臓.
    :第48 回 日本肝臓学会 要旨集.A491(PS-215).2012
    06. 小池 浩司:更年期からのアンチエイジングとプラセンタ.
    :第12 回 日本抗加齢医学会総会 要旨集 245 (ランチョンセミナー).2012
    07. Ye J,Liu Q, et al:Inhibitory effect of JBP485 on renal excretion of acyclovir by the inhibition of OAT1 and OAT3(JBP485 はOAT1及びOAT2を阻害することでアシクロビルの腎排泄を抑制する)
    :Eur J Pharm Sci. 47. 341-346.2012
    08. Liu T,Guo X,Meng Q, et al:Effect of JBP485 on obstructive jaundice is related to regulation of renal OAT1,OAT3 and MRP2 expression in ANIT-treated rats(JBP485 はANIT 誘発肝障害ラットの腎のOAT1,OAT3 及び MRP2 発現制御を通じ閉塞性黄疸に有用である)
    :Peptides. 36(1) .78-85.2012
    09. Guo X,Meng Q, Liu Q, et al:Construction, identification and application of HeLa cells stably transfected with human PEPT1 and PEPT2(ヒトPEPT1 and PEPT2 を形質導入したHeLa 細胞の構築、同定及び応用)
    :Peptides. 34(2).395-403.2012
    10. Zhu Y, Meng Q ,Wang C, et al:Organic anion transporters involved in the excretion of bestatin in the kidney(ベスタチン [アミノペプチダーゼ阻害剤] の腎排泄に関与する有機アニオントランスポーター)
    :Peptides. 33(2).265-271.2012
    11. Guo X, Meng Q,Liu Q, et al:Peptide cotransporter 1 in intestine and organic anion transporters in kidney are targets of interaction between JBP485 and lisinopril in rats(JBP485 とリシノプリル[アンジオテンシン変換酵素阻害剤]の相互作用はラットの腸のペプチド共輸送体1及び、腎の有機アニオントランスポーターを標的とする)
    :Drug Metab Pharmacokinet. 27(2).232-241.2012
    12. 小池 浩司:更年期からのアンチエイジング:HRTとプラセンタ療法を中心に.
    :日本女性医学学会雑誌. 20 巻(supple).56.2012
    13. 吉川 智香子,高野 文英,ほか:ブタ・プラセンタエキスのヒト単球系細胞(THP-1)に対するIL-6、TNF-α産生に及ぼす影響.
    :日本女性医学学会雑誌. 20 巻(supple).95.2012
    14. 山崎 玲奈, 小池 浩司,ほか:更年期婦人の肩こりに対するブタ・プラセンタエキスの効果.
    :日本女性医学学会雑誌 20巻(supple).110.2012
    15. 須藤 和信:末期的な肝障害に対するプラセンタ治療効果の検討.
    :平成24年度 獣医学近畿地区学会 講演要旨集.70.2012
    16. Takkuma K,Mizoguchi H,Funatsu Y, et al:Placental extract improves hipppocampal neuronal loss and fear memory impairment resulting from chronic restraint stress in ovariectomized mice (プラセンタ抽出物は、卵巣摘出マウスにおいて慢性拘束ストレスによる海馬ニューロンの消失と恐怖記憶の障害を改善する)
    :J Pharmacol Sci. 120(2).89-97.2012
    17. 日比野 佐和子:アンチエイジング医療におけるプラセンタ療法.
    :Anti-aging Sci. 3(Suppl.1)306.2012
    18. 吉川 智香子, 小池 浩司,ほか:スキンアナライザーを用いた成人女性の皮膚状態の評価:年齢別正常値の設定とホルモン療法が皮膚状態に及ぼす影響.
    :日本女性医学学会雑誌.19(2).207-215.2012
    19. 山口 慶枝,鄧 大為,ほか:シリカナノファイバー培養担体を用いた抗癌剤新規評価系.
    :日本動物実験代替法学会 第25 回大会要旨集.139.2012
    20. 日比野 佐和子:統合医療におけるプラセンタ療法の実際.
    :Anti-aging Science.4(3).232.2012
    21. 福田 愛作:私はこうしている-IVF 大阪クリニック.
    :臨床婦人科産科.64(5).879-883.2010
    22. 倉富英治:当院におけるプラセンタ(ラエンネック)療法の有効疾患と有効率—アンケート調査を中心に—.
    :日本美容外科学会会報.34(3).124.2012
    23. Gladskikh LV:New biomedical approaches to the correction of adaptation mechanisms of revitalizing and rejuvenation.(再生と抗加齢に適応するメカニズムへ改善するための新たな生医学的アプローチ).
    :Plastic Surgery and Cosmetology. 2.321-325.2011 【原文ロシア語】
    24. Gladskikh LV:治癒と再生における自己調節機構に対する外因性の生物学的製剤(ヒト・プラセンタエキス)の効果.
    :Aesthetic Medicine .10(2).3-9.2012 【原文ロシア語】
    25. Zhidomorov N, Gromova O,et al:皮膚の再生過程に及ぼすラエンネックの効果についての実験研究.
    :Les nouvelles esthetiques. 3.2-6.2011 【原文ロシア語】
    26. Elisyutina OG., Fedenko ES,et al:Case report on clinical efficacy of Laennec in atopic dermatitis patient suffering from secondary infertility(続発性不妊のあるアトピー性皮膚炎患者へのラエネックの効果に関する症例報告)
    :Russian Allergology .5.66-69.2011【原文ロシア語】
    27. Gladskikh LV:結合織修復過程に対する外因性の生物学的製剤(オーガニック製品/ヒト・プラセンタエキス)の効果.
    :Aesthetic Medicine.11(2).3-11.2012 【原文ロシア語】
    28. Karimov MI,Kustova EV,et al:プラセンタ製剤 キュラセンを老化した皮膚に用いたメソセラピー.
    :Coal Mining Methods in cosmetology .3.96-101.2011 【原文ロシア語】

123